独学で国内旅行業務取扱管理者試験に合格するには

国内旅行業務取扱管理者試験を受験した人の中には、独学で試験に合格した人もいます。
通信教育を利用したり、専門学校に通ったりして学ぶ場合と比較すると合格率は低くなるものの、合格する可能性がないわけではありません。
独学で試験に臨む場合には、事前の準備が大切です。いくつかのポイントを理解して、試験の準備を進めていくようにしましょう。

まずは計画の立て方です。
試験は毎年9月が10月頃に行われます。独学の場合は、1年計画で進めていくとうまくいきます。

国内旅行業務取扱管理者試験は旅行業法、約款、実務の三つの部分から成り立っていますので、それぞれをバランスよく学ぶことが必要です。中でも力を入れて勉強しておくと良いのが、約款と実務に関する項目です。
約款には国内主催旅行に必要な情報や、取決めが記載されています。
試験では内容を良く理解しているかどうかが問われるため、約款の文章に関する理解力も必要です。
よって暗記することに加えて、ひっかけ問題に注意するようにしてください。

また、実務試験では料金計算力が問われます。鉄道の旅行運賃は地方や都市部によって運賃計算が異なりますし、繁忙期や閑散期にもそれぞれ異なる運賃計算が必要になります。
時刻表を片手に国内旅行を楽しんだ経験がある人であれば内容を把握しやすいといえますが、全くその経験がない場合にはかなり難易度の高い試験科目になります。

過去問題集を参考に、繰り返し計算力を鍛えるようにしておくとよいでしょう。

国内旅行業務取扱管理者とは

>>旅行業務取扱管理者の独学方法論がここにあります<<


公開日:
最終更新日:2015/07/27

no image
国内旅行業務取扱管理者試験の合格率

旅行会社に勤務したいと思う場合に求められる資格の一つが、国内旅行業務取

no image
国内旅行業務取扱管理者試験の難易度

国内旅行業務取扱管理者試験は、学歴不問の試験として幅広い年齢層に人気が

no image
国内旅行業務取扱管理者とは

国内旅行業務取扱管理者とは、国内旅行を扱うために必要な資格です。国内旅

→もっと見る

PAGE TOP ↑