国内旅行業務取扱管理者試験の難易度

公開日: : 最終更新日:2016/06/07 未分類

国内旅行業務取扱管理者試験は、学歴不問の試験として幅広い年齢層に人気がある資格試験です。もし国内旅行業務取扱管理者試験を受験しようと考えている場合、試験の難易度について知りたいと思うことでしょう。

国内旅行業務取扱管理者試験は約款に関する出題、旅行業法の知識を問う出題、旅行業務に必要な実務的な出題に分かれています。この中でも苦戦するのが約款に関する出題と、実務に関する出題です。特にJRや私鉄、飛行機利用に関する運賃計算にてこずるケースが多くあります。

国内旅行業務取扱管理者試験の合格率は約30%となっていますので、受験者3人につき1人の割合で合格していることが分かります。合格基準は、各科目ともに6割の点数となっています。約款に関する出題が難しいのは、旅行業務に関する知識を暗記する必要があるためです。試験の合格のポイントの一つは、どれだけ多くの知識を暗記できるかにかかっています。さらに暗記することに加えて大切なのが、旅行プランを組み立てる応用力を鍛えることです。

国内旅行商品は、公共の交通機関を利用して販売するケースが多くあります。そのため鉄道やバス、飛行機などの運賃計算を知っておく必要があります。旅行が好きで時刻表を見ることが好きな人であれば、実務に関する問題は比較的有利になりますが、運賃計算についての知識を全く持ち合わせていない場合には、難易度が高い試験科目になります。不合格になった人の多くが、実務に関する問題をクリアできなかった、というケースが多いことも知っておくとよいでしょう。

⇒国内旅行業務取扱管理者試験の合格率

関連記事

no image

国内旅行業務取扱管理者試験の合格率

旅行会社に勤務したいと思う場合に求められる資格の一つが、国内旅行業務取扱管理者資格です。 旅行

記事を読む

no image

国内旅行業務取扱管理者とは

国内旅行業務取扱管理者とは、国内旅行を扱うために必要な資格です。国内旅行が好きで、旅行会社に勤務した

記事を読む

no image
国内旅行業務取扱管理者試験の合格率

旅行会社に勤務したいと思う場合に求められる資格の一つが、国内旅行業務取

no image
国内旅行業務取扱管理者試験の難易度

国内旅行業務取扱管理者試験は、学歴不問の試験として幅広い年齢層に人気が

no image
国内旅行業務取扱管理者とは

国内旅行業務取扱管理者とは、国内旅行を扱うために必要な資格です。国内旅

→もっと見る

PAGE TOP ↑