国内旅行業務取扱管理者試験の合格率

公開日: : 最終更新日:2016/06/07 未分類

旅行会社に勤務したいと思う場合に求められる資格の一つが、国内旅行業務取扱管理者資格です。

旅行業法では旅行会社が国内旅行業務を行なうために、国内旅行業務取扱管理者の有資格者を配置することが義務付けられているからです。旅行会社に勤務することは考えていないものの、旅行や地理が好きで、自分の知識がどれくらいのレベルかを試したいと考えて資格試験を受験する人もいます。もし試験を受けたいと考えているのであれば、合格率も気になることでしょう。

現在国内旅行業務取扱管理者試験は全国9か所で行われていますが、一般財団法人全国旅行業協会では、年ごとの受験者数や合格率を公表しています。開催地別と全国平均を知ることができるため、受験の際の参考にすることができるでしょう。試験は一般試験と、全国旅行業協会が定める研修課程を修了した人が受験できる免除試験とに分かれています。この研修を受講した人は実務試験が免除されるため、合格率が高くなっています。

そして全国的な平均値を見てみると、平成27年に行われた試験では合格率が29.3%となっています。一般試験は合格率が27.8%、免除試験は58.2%となっていますので、実務試験がかなり難しいことが分かります。都道府県別で見ると、最も合格率が高いのが東京とで開催された試験で合格率は32.8%になっています。合格率は年々低下しており、ピークだった5年前に比べて8%も合格率が低下しています。だれでも受験できる資格試験ですが、試験対策をしっかりする必要があることが分かります。

関連記事

no image

国内旅行業務取扱管理者とは

国内旅行業務取扱管理者とは、国内旅行を扱うために必要な資格です。国内旅行が好きで、旅行会社に勤務した

記事を読む

no image

国内旅行業務取扱管理者試験の難易度

国内旅行業務取扱管理者試験は、学歴不問の試験として幅広い年齢層に人気がある資格試験です。もし国内旅行

記事を読む

no image
国内旅行業務取扱管理者試験の合格率

旅行会社に勤務したいと思う場合に求められる資格の一つが、国内旅行業務取

no image
国内旅行業務取扱管理者試験の難易度

国内旅行業務取扱管理者試験は、学歴不問の試験として幅広い年齢層に人気が

no image
国内旅行業務取扱管理者とは

国内旅行業務取扱管理者とは、国内旅行を扱うために必要な資格です。国内旅

→もっと見る

PAGE TOP ↑